フケ症の治し方教えます 頭皮のかゆみを改善

フケ症になりやすい体質とは

フケ症になりやすい人と、そうではない人がいます。

 

原因は頭皮の乾燥の場合は、外部的な問題で、シャンプーが合わなかったり、乾燥した季節に起こる、ついかいてしまって、頭皮を刺激するなどです。

 

ということは、シャンプーや乾燥しやすい人ほど、乾燥したフケが出ると思ってください。
脂性フケの場合は、もともと皮脂が多い方に起こります。

 

普段からもフケ症になりやすいとされていますが、何かのきっかけで頭皮に多くの皮脂が出てしまう場合、フケとなって出てきます。

 

そのきっかけがシャンプーのケースもありますが、食物や生活の乱れ、不潔にしているなどの原因がきっかけで起こります。

 

こんな方がフケになりやすいというくくりはないものの、ちょっとしたきっかけで、フケができることが多いです。

 

自分に合うシャンプーは必ず見つけることが大切で、フケを出したくなったら、生活習慣を良くして、ストレスと上手に付き合っていくことです。

 

乾燥した時期など、すぐにフケが出やすくなりますから、気をつけましょう。

 

シャンプーに関しては、刺激の少ないものを使用して、すすぎをきちんと行なうことで、フケ症を予防することができます。すすぎは大事です。

 

食物などは、ミネラル分、食物繊維をよく食べると良いでしょう。

 

最近はノンシリコンシャンプーも市販されているので試してみましょう。


スポンサードリンク

フケ症を自覚するには

自分がフケ症であることを知るのは簡単なようで難しいことです。

 

一番嫌なのは、他人からの指摘ですが、親しい方が心配をして教えてくれるのは良いですが、噂になったりしてわかるのはどうしても避けたいことです。

 

誰でもフケ症になる可能性がありますから、もしかしたら自分にフケがあるかもしれないと思った時には、色の濃い服の肩部分を点検してみてください。

 

今までそんなに頭がかゆいと思ったことがなかったのに、急にかゆい時も注意が必要です。

 

乾いたフケの場合、シャンプーを変えたり、乾燥の時期になって、いきなり出てくることもあります。

 

そんなちょっとした変わり目の時にまめにチェックをするとよいでしょう。

 

よくあるのは、他人のフケを目にした時に、自分のフケを点検するというものです。

 

知らない方などのフケを見た時に、ハっとされる方は多いです。

 

なかなか難しい自分のフケ症の自覚ですが、何の機会に肩辺りを点検してみてください。

 

触った時にベタベタしているといった時も、脂性フケが存在していることが多いです。

 

乾燥、脂性どちらも誰でも出る可能性はとても多く、他人ごとではありません。

 

シャンプーを変えた時などは、すぐにフケが出ることもありますから、注意をしてみてください。

フケ症を治すには時間がかかる?

スポンサードリンク

フケ症を治すまでの時間に関しては、個人差があります。

 

新陳代謝が鍵を握ることですから、毎日フケの元は出ています。

 

それが塊にならないようにできれば良いのです。

 

シャンプーを変えたり、フケ用シャンプーにするのは有効な手段です。

 

しかし、内側からフケ症になるのを防ぐことをしなくては治ったとはいえません。

 

そこで、脂性タイプの方はストレス解消で男性ホルモンをなくすのが良いのですが、食物と生活習慣も同時に良くしていくことが必要です。

 

脂質の多いものをなくし、野菜をたくさん食べて、1日6時間程度の睡眠を毎日摂ることです。

 

同時にストレス解消もでき、体がリセットされて、頭皮に余計な皮質がなくなって、フケも改善されます。

 

人によっては数ヶ月かかることもありますが、軽症の場合はすぐに治ってしまう人も多いです。

 

乾燥フケの場合も生活習慣を良くして、シャンプーを変える、洗い過ぎない、すすぎはよくする、水分を摂るなどの工夫を続けてみてください。

 

あまりに長期間のフケ症の場合は自分ではどうしようもないので、必ず皮膚科に行くことをお勧めします。

 

正しい治療法を行なうことで早期に改善されることも多いですが、個人差は大きいとされています。

 

まずは早期発見が何よりも大切です。

サイトマップ

 
 

 
フケの原因 フケの予防 フケ症の対策 頭皮かゆみの原因 赤ちゃんのフケ