なぜ頭皮が赤くなる?

頭皮が赤い原因

スポンサードリンク

頭皮の異常の1つに赤くなっていることがあります。

 

頭皮は赤い部分ではありません。
その部分は、血行不良を起こしている可能性がとても高いです。

 

血液の流れが悪くなると同時に、リンパの流れも悪くなります。

 

そうすると、その部分に老廃物がたまったり、栄養がこなくなることで、脱毛になる、発毛しなくなると言われています。

 

要するに、脱毛症になる前触れだということです。
同時にかゆみも出てくることで、掻いて傷ができてしまったり、フケが異様に出てきたりと、事態はますますひどくなります。

 

赤いだけではなく、赤い斑点ができてくると、ひどくなっている証拠です。

 

広がると同時に薄毛か気になってくる方が多いようです。

 

原因として考えられるのは炎症が起きていることです。

 

炎症は、シャンプーや外部からの刺激によってできることが多いとされています。

 

ですから、頭の中に赤い部分を見つけたときには、シャンプーやトリートメント、ヘアケア剤などを変えることをしてみてください。

 

刺激がなくなることで良くなっていくことが考えられます。
しかし、この対処でダメな場合は、皮膚科にご相談ください。

 

かゆみがひどい時には、すぐに病院に行くことです。

 

かいて、傷をつけることで、重症化してしまうこともあります。

アレルギーによる頭皮の赤み

アレルギーは頭皮に赤みやかゆみを発症させます。

 

原因として考えられるのは、シャンプーなどのヘアケア製品が体に合っていないことにあります。

 

本来、汚れや皮脂、古い角質を洗い流すためのシャンプーですが、頭皮につけることで、体の免疫機能が働いてしまいます。

 

そこで、赤みなどの炎症を起こしてしまったり、フケを出す原因になります。

 

自分のアレルギーに関しては、自覚がないケースも多いですが、シャンプーなどで頭皮に赤みが出た時には、ヘアケア製品を変えることをオススメします。

 

何が良いか?というと、アレルギーになるものが入っていないモノ。

 

例えば科学的なものを一切使用しない植物素材の天然シャンプーがオススメです。

 

低刺激で、赤ちゃんでも安心し使用できるというものであれば、刺激が断然少なく、アレルギー反応が出ないとされています。

 

体も、日頃から免疫機能を上げるためには、規則正しい生活を心がけて、ストレス回避の生活、睡眠を十分に摂るなどの工夫をしてみてください。

 

アレルギーに関しては、一過性のこともあり、何で反応しているか不明なこともありますから、一度専門医で診てもらうのもお勧めです。

 

赤みが出た時には、かきむしらないように気をつけることもポイントです。

スポンサードリンク

頭皮が赤い原因記事一覧

頭皮のニキビによる頭皮の赤み

頭皮のニキビは、顔のニキビとメカニズムは同じです。毛穴が何らかの原因で詰まってしまって、老廃物を排出できずに、アクネ菌が繁殖し、ニキビになります。顔ほどできる確率は低いですが、一度頭皮にニキビができる方は、続けてできやすいとされています。その原因として考えられるのは、新陳代謝の乱れやシャンプーです。...

≫続きを読む

 

毛穴の炎症による頭皮の赤み

頭皮の毛穴の炎症とは、赤みが出たり、かゆみ、痛み、大量のフケが出ることを言います。フケの原因の一つでもありますが、そのままにしておくことで、脱毛や薄毛になってしまうこともあります。発毛サイクルを乱すことで、突然円形脱毛症になってしまい、ある日そこだけ毛が無いという事態も起こることがあります。原因とし...

≫続きを読む

 

紫外線による頭皮の赤み

頭皮に適当な皮脂があることで紫外線から守られています。しかし、頭皮に皮脂が少ない状態で長時間紫外線を浴び続けることで、日焼けをして赤みが帯びます。毎日、紫外線の元で動いていると、頭皮が茶色になっていくことがありますが、これはそれほど心配のないことですが、赤みが帯びることで、炎症を起こしているとされて...

≫続きを読む

 

 
フケの原因 フケの予防 フケ症の対策 頭皮かゆみの原因 赤ちゃんのフケ