毛穴の炎症による頭皮の赤みの関係

毛穴の炎症による頭皮の赤み

スポンサードリンク

頭皮の毛穴の炎症とは、赤みが出たり、かゆみ、痛み、大量のフケが出ることを言います。

 

フケの原因の一つでもありますが、そのままにしておくことで、脱毛や薄毛になってしまうこともあります。

 

発毛サイクルを乱すことで、突然円形脱毛症になってしまい、ある日そこだけ毛が無いという事態も起こることがあります。

 

原因としては、毛穴が汚れていることです。

 

シャンプーをしていないのであれば、当たり前のことですが、きちんと洗髪している“はず”の毎日が、こうした毛穴の炎症による赤みを引き起こします。

 

少しだけの毛穴の汚れがあったしても、健康な精神状態、新陳代謝が上手くいっていれば、毛穴の炎症は簡単にはおきないとされています。

 

それが、毎日強いストレスを感じていたり、生活習慣の乱れ、脂質の多い食事を繰り返すことで、毛穴の汚れがだんだんと強力になっていき、炎症や赤みを起こすとされています。

 

基本としては、正しいシャンプーになります。

 

自分の頭皮に合うもので、優しくマッサージを行いすすぎをきちんと毎日行なってみてください。

 

それでも改善しない時は、皮膚科に行くことをお勧めします。

 

脱毛などで皮膚科に行くよりは、毛穴の炎症で行くことで、脱毛の心配がなくなることも多いです。

毛穴の炎症による頭皮の赤み関連ページ

頭皮のニキビ
一度頭皮にニキビができる方は、続けてできやすいとされています。
紫外線は注意
自分に合うシャンプーを使用し、できればあまり紫外線を頭皮に直接当てない生活をすることをお勧めです。

 
フケの原因 フケの予防 フケ症の対策 頭皮かゆみの原因 赤ちゃんのフケ