紫外線が原因で頭皮が赤く

紫外線による頭皮の赤み

スポンサードリンク

頭皮に適当な皮脂があることで紫外線から守られています。

 

しかし、頭皮に皮脂が少ない状態で長時間紫外線を浴び続けることで、日焼けをして赤みが帯びます。

 

毎日、紫外線の元で動いていると、頭皮が茶色になっていくことがありますが、これはそれほど心配のないことですが、赤みが帯びることで、炎症を起こしているとされています。

 

皮脂といえば、脂性のフケやベタベタ頭皮の原因とされていますが、少しはなくてはならないとされています。

 

ですから、シャンプーも洗浄力が強力なものや力を入れてゴシゴシ洗う毎日ですと、皮脂は根本的に少なくなってしまい、頭皮が紫外線にやられてしまう事になります。

 

突然頭皮が紫外線の元で赤みを帯びることがあるという時にはヘアケア製品が合わなかったり、頭皮に十分な栄養がないことも考えられます。

 

髪を清潔にするためのシャンプー、余計な皮脂を落とすことは、汚れと一緒に必要ですが、髪や頭皮に必要な皮脂を残すことができるシャンプーなどを使用することがポイントになります。

 

そこで、自分に合うシャンプーを使用し、できればあまり紫外線を頭皮に直接当てない生活をすることをお勧めです。

 

紫外線は、頭皮にはあまり良い影響はないのでフケ症の方も注意しましょう。。

紫外線による頭皮の赤み関連ページ

頭皮のニキビ
一度頭皮にニキビができる方は、続けてできやすいとされています。
毛穴の炎症による
フケの原因の一つでもありますが、そのままにしておくことで、脱毛や薄毛になってしまうこともあります。

 
フケの原因 フケの予防 フケ症の対策 頭皮かゆみの原因 赤ちゃんのフケ