赤ちゃんがフケ症になったときの対処方法

赤ちゃんがフケ症になったときの対策

スポンサードリンク

赤ちゃんにフケを発見した時には驚く方も多いですが、これは当たり前のことです。

 

皮がむけたり、なんとなくフケのようなものがたくさん出始めるのですが、それらはすべてフケであり、新陳代謝の結果、出たものとお考えください。
肌が弱い赤ちゃんは、強い刺激は厳禁です。

 

とりあえず、刺激の少ない石けんできれいに洗い、気になるフケを落としてあげてください。

 

カサカサでもベタベタでも生後6ヶ月くらいまでは、いろいろ出るようです。

 

症状が悪化した場合は病院に行くのも良いでしょう。

 

反対に病院に行ったほうがよいのは、異常なフケ(洗っても出てしまう)、湿疹がひどい、かきむしってしまうと言う時でしょう。

 

アトピーの新生児は、赤く腫れたり、ただれたりすることもありますから、医師の診断で適切な処置も必要な事があります。

 

とりあえずは自宅で清潔第一で、洗い過ぎないことを心がけてみてください。
もしかしたら、使用しているシャンプーや石けんが赤ちゃんの頭皮に合わないこともあります。

 

赤ちゃんには、豪華なものではなく(香料はなしが原則)、無添加も良いのですが、普通のベビー石けんなどが良いでしょう。

 

あまリ神経質にならず、元気な赤ちゃんの態度であれば、病院に行くまでもないかもしれませんが、日増しに悪化したり、異常な泣き方をする時などは病院へ行くことをお勧めします。

 

赤ちゃんがフケ症になったときの対策関連ページ

赤ちゃんフケ症予防
数時間前にお風呂に入ったのに、既にフケがあるという赤ちゃんもいます。
赤ちゃんのフケと乳児性湿疹
しかし、フケもよく見ると炎症を起こしたり、すごくかゆがったりすることもあります。
赤ちゃんのフケとアトピー性皮膚炎
ブツブツとしたできものが多くなって、フケもあまりにも気になり、いつも不機嫌と言う場合には、アトピー性皮膚炎もありの話です。

 
フケの原因 フケの予防 フケ症の対策 頭皮かゆみの原因 赤ちゃんのフケ