赤ちゃんのフケと乳児性湿疹の違いについて

赤ちゃんのフケと乳児性湿疹の違い

スポンサードリンク

赤ちゃんの頭をよく見るとフケがたくさんでていることがあります。

 

これをすぐに病気だと判断をするのは早計です。

 

乳児性湿疹と判断をしてしまう親もいますが、それは医師が行なう判断です。

 

まずはフケ自体に注目をしてみてください。

 

大人もフケの原因が新陳代謝が要因の1つであり、当然赤ちゃんはものすごい勢いで、日々新陳代謝を行なっています。

 

と考えると、赤ちゃんのフケはごく自然なことです。
しかし、フケもよく見ると炎症を起こしたり、すごくかゆがったりすることもあります。

 

これこそが乳児性湿疹です。
乳児性湿疹は、フケなどの老廃物が毛穴を塞いでしまい、菌がつき、炎症を起こして湿疹になっている状態を言います。

 

きっかけはフケですが、その時の対処の仕方も大切です。

 

大人同じように、フケは何にでもシャンプーというのは危険です。

 

特に赤ちゃんの場合は、放っておいてもフケはすぐに出るので、あまり刺激を与えないように清潔にすることです。

 

汗や皮脂を毎度洗うのではなく、拭いてあげたり、常に清潔なタオルなどに取り替えることが大切です。

 

かさぶたができることもありますが、何もしないほうが良いとされています。

 

それでも心配な時には、医師に相談をしてください。

赤ちゃんのフケと乳児性湿疹の違い関連ページ

赤ちゃんフケ症予防
数時間前にお風呂に入ったのに、既にフケがあるという赤ちゃんもいます。
赤ちゃんのフケ症対策
赤ちゃんには、豪華なものではなく(香料はなしが原則)、無添加も良いのですが、普通のベビー石けんなどが良いでしょう。
赤ちゃんのフケとアトピー性皮膚炎
ブツブツとしたできものが多くなって、フケもあまりにも気になり、いつも不機嫌と言う場合には、アトピー性皮膚炎もありの話です。

 
フケの原因 フケの予防 フケ症の対策 頭皮かゆみの原因 赤ちゃんのフケ