赤ちゃんがフケ症にならないよう事前に予防

赤ちゃんがフケ症にならない予防

スポンサードリンク

赤ちゃんのフケの予防は、清潔にすること、心配なら医師に相談をすることです。

 

数時間前にお風呂に入ったのに、既にフケがあるという赤ちゃんもいます。

 

カサカサの場合は、拭き取る程度でも良いのですが、脂性のフケでしっしん等がある、書いている場合は、医師に相談してみるのも良いでしょう。

 

フケと同時に関節などの柔らかい皮ふに集中して湿疹が出る時はアトピーも考えてみてください。
ただ、やり過ぎないことも大切です。

 

赤ちゃんによっては、まったくフケがないケースもありますし、親が関心がないのではなく、様子を見ていたら自然治癒したケースもあります。

 

ですが、フケ、湿疹、かゆみということになると心配です。
そうならない予防はとても困難です。

 

清潔と言って、体を無理に洗い過ぎたり、良いシャンプーと言って、むやみに使用するのもあまり良いことではありません。

 

新陳代謝がなせる技、ベビーオイルなどを利用して、清潔と保湿をしっかりと行なうようにしてみてください。

 

本人が至って健康で、かゆがったリもしない時には、あまり大騒ぎをすることなく、お風呂で清潔にする程度で良い場合もあります。

 

心配なら、医師に相談をしてみてください。
フケの症状が詳しくわかります。

赤ちゃんがフケ症にならない予防関連ページ

赤ちゃんのフケ症対策
赤ちゃんには、豪華なものではなく(香料はなしが原則)、無添加も良いのですが、普通のベビー石けんなどが良いでしょう。
赤ちゃんのフケと乳児性湿疹
しかし、フケもよく見ると炎症を起こしたり、すごくかゆがったりすることもあります。
赤ちゃんのフケとアトピー性皮膚炎
ブツブツとしたできものが多くなって、フケもあまりにも気になり、いつも不機嫌と言う場合には、アトピー性皮膚炎もありの話です。

 
フケの原因 フケの予防 フケ症の対策 頭皮かゆみの原因 赤ちゃんのフケ