なぜフケがでる?|フケの原因

フケの原因|なぜフケがでる?

スポンサードリンク

フケの原因を知る前に、フケは何なのかを整理してみましょう。

 

頭皮から出てくるフケは、もともとは自ら排出している老廃物です。

 

頭はいくつかの層になっています。

 

それが28ほどあり、下から徐々に老廃物が運ばれます。

 

毎日行われる新陳代謝によって、一番の下から新しい細胞が生まれ、古い細胞は外部に排出しています。

 

その中で、フケの存在は、その老廃物が角質化したもので角質化していない場合は、そのまま落ちたり、シャンプーの時に落とされるだけですから、体の調子によって、一部が固まってしまい、フケになります。

 

ですから、誰でも毎日新陳代謝は行われ、老廃物は頭皮からでています。

 

それが気が付かず、一部はフケと言う証拠としてでていしまうのです。

 

原因としては、老廃物が角質化してしまうからということです。

 

要するに、角質化してしまうことが原因で、なぜ固まってしまうのかの部分が問題になります。

 

これには様々な理由がありますが、治そうと思えば改善ができることが多いです。

 

病気の前兆だったり、シャンプーの仕方が悪い、生活習慣の乱れなどがあります。

 

また、もともとの体質でフケが出やすいなど、人によって原因も理由もさまざまです。

 

病院での治療も視野に入れることで、早期の解決することも多いです。

季節によるフケとは

フケには、季節も関係します。

 

これは、頭皮が乾燥する冬に多く発生するとされています。

 

外気も室内も常に乾燥していますから、頭皮そのものの皮ふも水分が失われがちです。

 

ところが、冬だけど脂性フケも出る方もいらっしゃいます。

 

これは、水分が少なくなったと感じた頭皮は、自ら皮質を出して、水分の代わりをしようとするからです。

 

その上、シャンプーで強く洗うことで、余計脂性フケが出てきて悪循環になってしまいます。

 

乾燥した頭皮は、ただでもバリア機能が低下し、少しの刺激に対しても、新陳代謝アップをさせて、フケが出る原因になります。

 

ところで、夏はとにかく汗を流すようにしてください。

 

そのままにしておくことで、皮脂も出てきて、汗と汚れが混じることで、フケが出てきてしまい、冬ほどひどいこともないのですが、夏のフケも気になります。

 

それで、一日何回もシャワーを浴びるついでにシャンプーも何回も行なってしまうことが、フケの原因になります。

 

しかし、夏にシャンプーをしないでシャワーを浴びるのは嫌なものでしょう。

 

そこで、夏も冬も刺激の少ないシャンプーを使用して、頭皮にあまり刺激を与えないようにすることが大切です。

 

冬の季節も夏の季節も決め手はシャンプーかもしれません。

スポンサードリンク

しらみとフケ症の関係

フケ症だと思っていたら、実はしらみだったということもあります。
今の時代でも、しらみは存在しています。

 

頭しらみの成虫は大きさは1ミリ〜4ミリ程度で黒いです。

 

頭シラミの卵は、直径が0.5ミリ程度で黄色味を帯びた茶色の丸く、毛髪にくっついています。

 

その抜け殻は白くてフケとよく似ていて、間違いやすいです。

 

フケとの大きな違いは、フケは簡単にとれますが、しらみの卵は指ですいても取れません。

 

立体感と光沢があり、0.5ミリというのもフケにしては細かな方です。

 

フケは毛の上に乗っている感じですが、しらみの卵は髪の毛の根本付近に巻き付いています。

 

カサブタのようなものであればフケ症ではなく、しらみの仕業ということになります。

 

突然フケ症になったと思ったときには、後頭部の頭髪を虫眼鏡などで観察してみてください。
一番見つけやすい場所です。

 

しらみは卵を植えつけてからしばらく繁殖が続きます。

 

卵の状態では症状がないのですが、白いフケのようなモノがポロポロとでた場合は医師に相談してください。

 

そのしらみの成虫になった場合は、フケ症と言うよりは動き回ることから、かゆみがでる特徴があります。

 

もし、ご家庭にお子さんが入る場合、子供たちの間では学校で集団感染などがありますから、そうした情報らにも注意してみてください。

なぜフケがでる?|フケの原因記事一覧

食生活の乱れによるフケ症

フケ症の改善、予防するには食生活の乱れはなくすことです。皮脂が多い脂性のフケの場合は、動物性の脂肪を減らしましょう。肉はダメと言うのはではなく、脂肪分です。たんばく質としての肉は良いのですが、油を多く使用する献立は避けましょう。同様にバターなどを使ったものもあまり食べないほうが良いのですが、そうなる...

≫続きを読む

 

乾性フケの原因

乾性フケの原因は、乾燥です。乾燥をしているから、乾いたフケが出ます。反対に考えてみると、乾性フケ、頭皮が乾いている、水分が足りないということになります。この場合の水分は汗ではありません。頭皮内部にかならず存在する水分になります。頭皮と言っても、肌と同じですから、スキンケアをするとお考えください。カサ...

≫続きを読む

 

脂性フケの原因

脂性のフケは、乾性フケとは違い、肩にぱらぱらと落ちるだけではなく、頭皮にくっついたり、髪に付着するケースが多いです。そして、かゆみを伴うこともあり、触った時にベタベタとします。これは、乾性フケの場合もありますが、それに頭皮の毛穴から出る皮脂が混じるために、脂性フケと出てきます。原因は、頭皮の皮脂にな...

≫続きを読む

 

フケ症によるアルコールの飲み過ぎ

フケ症の方は、アルコールの飲み過ぎは厳禁です。ただ、禁酒はダメというのではなく、あくまでも飲み過ぎないことが大切です。ほんの少しのアルコールは、かえって血液の流れを良くして、良薬となります。この場合は、おちょこ1杯のお酒やコップ1杯のビールの程度です。この程度のアルコールは、肝臓に負担なく、アルコー...

≫続きを読む

 

フケ症と紫外線

フケ症になる原因の1つに紫外線があります。特にカサカサの乾燥フケの場合、紫外線で頭皮が乾燥して、フケが出ることも多いです。しかし、紫外線でもっと怖いのが、老化です。紫外線は、容赦なく細胞まで達して、破壊をしていきます。シミもその被害の1つですが、頭皮に関しては、時に紫外線が当たることで、乾燥肌になっ...

≫続きを読む

 

フケ症と睡眠不足

フケ症は睡眠不足でも発生します。睡眠は、体を休めるだけではなく、新陳代謝の働きをする時間です。ここで、一日の疲れを癒やすとともに、新しい皮膚や細胞を生み出します。フケは、新陳代謝によってできた老廃物です。そのサイクルが正常にならないことで、異常に多い老廃物が出ることになります。老廃物が出るということ...

≫続きを読む

 

フケ症になりやすい食べ物とは

フケが出やすい食べ物は、脂質の多いものです。フケは、脂っこいものと乾燥したものに分かれます。それぞれ食べ物によって影響するフケは違います。乾性のフケは、ビタミンB2が不足していて、脂性のフケは揚げ物や脂肪分の多い食べ物が影響します。甘いモノ、お菓子やケーキも影響があります。このように、フケは食べ物に...

≫続きを読む

 

フケ症とパーマやカラーリング

フケ症の方のヘアーアレンジですが、パーマなどは相談をしてから行なうようにしてみてください。この頃フケ症になってという理由が、シャンプーなどの場合は、原因がわかりシャンプー剤を変えることで回復できます。しかし、体内のホルモンの変化、脂性のフケで炎症や湿疹等がある場合、頭皮に刺激を与えないほうが良いです...

≫続きを読む

 

フケと帽子やヘルメット

ヘルメットや帽子を長時間かぶることは、頭皮環境を悪くします。仕事上、どうしてもかぶっていなければならない方も多いですが、フケや抜け毛の原因そのものです。フケは、頭皮の環境に大きく左右されますが、かぶり物をしているだけで、蒸れたり、菌が繁殖しやすくなります。そして、常に汗があることで、水分も豊富にあり...

≫続きを読む

 

フケ症とアルコールの飲み過ぎ

フケ症の方の飲酒ですが、少しなら良いとされています。ただし、飲み過ぎは厳禁です。アルコールはタバコとは違い、少しの量は体に良いとされています。少しというアバウトな表現ですが、コップ1杯とか、おちょこの清酒などです。一般的な量になってしまいますが、もちろん個人差が大きいものです。その方が、体の負担なく...

≫続きを読む

 

生活習慣の乱れとフケ症

フケ症は、シャンプーやトリートメントなどを変えるだけではなく、生活習慣の見直しをすることが大切です。フケ症になってしまう原因が、体にあると考えてみると、早期に解決することが多いです。最近生活習慣が乱れているという方、フケ症との関係を見直してみてください。・睡眠時間が少ない睡眠は、成長ホルモンを作って...

≫続きを読む

 

乾燥フケの原因

乾燥フケになってしまう、毎日洗っているのに、そんな方も多いことでしょう。実はいろいろな原因があります。・皮脂の摂り過ぎ洗い過ぎですが、刺激の強いシャンプーを使っているとフケはでやすいです。低刺激のシャンプーやヘアケア製品に変えた上、シャンプーは1日2回が限界です。・カビ頭皮環境が悪い。これも水分と油...

≫続きを読む

 

 
フケの原因 フケの予防 フケ症の対策 頭皮かゆみの原因 赤ちゃんのフケ