フケ症によるアルコールの飲み過ぎ

フケ症によるアルコールの飲み過ぎ

スポンサードリンク

フケ症の方は、アルコールの飲み過ぎは厳禁です。

 

ただ、禁酒はダメというのではなく、あくまでも飲み過ぎないことが大切です。

 

ほんの少しのアルコールは、かえって血液の流れを良くして、良薬となります。

 

この場合は、おちょこ1杯のお酒やコップ1杯のビールの程度です。

 

この程度のアルコールは、肝臓に負担なく、アルコールを代謝することができます。

 

ところが、飲み過ぎてしまうことは、肝臓で代謝機能がフル回転して、体内で必要な酵素を使い果たし、栄養分も代謝で使われてしまいます。

 

本来なら、頭皮に行く栄養が少なくなってしまい、そのことで新陳代謝が早まって、大量のフケを出すことになります。

 

アルコールは、汗をかくことが多いですが、同時にフケも出してしまうのは、そんな代謝機能が関係しているからです。

 

余計な新陳代謝が水分と脂を出してしまい、それが良いものではなく、嫌な汗とフケになります。

 

ですから、フケ症を悪化させないためにも、禁酒ではなく、飲み過ぎないことが大切です。

 

個人差はありますが、せいぜい酔っ払う以前、少し体が温まってきた時点でストップが理想ですね。

 

汗がじわじわでてきた時には、既にフケ症も悪化していると思った方が良いかもしれません。

フケ症によるアルコールの飲み過ぎ関連ページ

食生活の乱れで
たんばく質も魚や大豆製品を摂取することで、乾燥のフケにもきちんとした栄養を摂り入れ、改善することができます。
乾性フケの原因
カサカサ肌になる原因で多いのが、化粧水等の水分不足と保湿です。
脂性フケの原因
乾性フケの場合もありますが、それに頭皮の毛穴から出る皮脂が混じるために、脂性フケと出てきます。
紫外線は気をつけよう
特にカサカサの乾燥フケの場合、紫外線で頭皮が乾燥して、フケが出ることも多いです。
睡眠不足との関係
睡眠は、体を休めるだけではなく、新陳代謝の働きをする時間です。
なりやすい食べ物
乾性のフケは、ビタミンB2が不足していて、脂性のフケは揚げ物や脂肪分の多い食べ物が影響します。
パーマやカラーリングが原因で
パーマは特にパーマ液が、強い刺激がありますから、それ以上フケ症がひどくなる可能性があります。
帽子やヘルメットにも注意
フケが多くなってきた時には、通気性の良いものに変更する、なるべくかぶらない事を心がけることも大切です。
アルコールの飲み過ぎ

 
フケの原因 フケの予防 フケ症の対策 頭皮かゆみの原因 赤ちゃんのフケ