フケ症と紫外線

紫外線が原因でフケ症に

スポンサードリンク

フケ症になる原因の1つに紫外線があります。

 

特にカサカサの乾燥フケの場合、紫外線で頭皮が乾燥して、フケが出ることも多いです。

 

しかし、紫外線でもっと怖いのが、老化です。
紫外線は、容赦なく細胞まで達して、破壊をしていきます。

 

シミもその被害の1つですが、頭皮に関しては、時に紫外線が当たることで、乾燥肌になってしまいます。

 

そこに、新陳代謝による老廃物が乾燥してしまい、フケになります。

 

皮膚バリアがなくなってしまうことが原因とされていますから、ヘアケアが大切になります。

 

本当は、紫外線にさらさないことが何よりですが、帽子をかぶる、保湿をするなどの対処が必要になります。

 

太陽にあたっているということは、汗も出ていることで、水分があるように見えますが、すぐに蒸発をしてしまいます。

 

ですから、水ではなく、ヘアケアの保湿剤の存在が大切になります。

 

シャンプーやトリートメントはもちろんのことですが、洗髪後にきちんとドライヤーで乾かす、睡眠を多く摂るなどの工夫も必要です。

 

体内に入った紫外線は、大量の活性酸素を作ります。

 

これも、細胞の働きを悪くさせますから、抗酸化作用のあるものを食べることも必要になります。

 

そうしたことを繰り返すことで、紫外線に強い頭皮になり、フケを改善防止することができます。

フケ症と紫外線関連ページ

食生活の乱れで
たんばく質も魚や大豆製品を摂取することで、乾燥のフケにもきちんとした栄養を摂り入れ、改善することができます。
乾性フケの原因
カサカサ肌になる原因で多いのが、化粧水等の水分不足と保湿です。
脂性フケの原因
乾性フケの場合もありますが、それに頭皮の毛穴から出る皮脂が混じるために、脂性フケと出てきます。
アルコールの飲み過ぎ
禁酒はダメというのではなく、あくまでも飲み過ぎないことが大切です。
睡眠不足との関係
睡眠は、体を休めるだけではなく、新陳代謝の働きをする時間です。
なりやすい食べ物
乾性のフケは、ビタミンB2が不足していて、脂性のフケは揚げ物や脂肪分の多い食べ物が影響します。
パーマやカラーリングが原因で
パーマは特にパーマ液が、強い刺激がありますから、それ以上フケ症がひどくなる可能性があります。
帽子やヘルメットにも注意
フケが多くなってきた時には、通気性の良いものに変更する、なるべくかぶらない事を心がけることも大切です。
アルコールの飲み過ぎ

 
フケの原因 フケの予防 フケ症の対策 頭皮かゆみの原因 赤ちゃんのフケ