フケ症になりやすい食べ物とは

フケ症になりやすい食べ物とは

スポンサードリンク

フケが出やすい食べ物は、脂質の多いものです。

 

フケは、脂っこいものと乾燥したものに分かれます。

 

それぞれ食べ物によって影響するフケは違います。

 

乾性のフケは、ビタミンB2が不足していて、脂性のフケは揚げ物や脂肪分の多い食べ物が影響します。

 

甘いモノ、お菓子やケーキも影響があります。

 

このように、フケは食べ物に関係が深いとされていますから、自分がフケが出た場合、どのようなフケなのかを確認して食べ物を見直しをしてみてください。

 

脂性のフケの場合、頭皮だけではなく、顔のベタつきや肥満にもつながることが多いです。

 

特にニキビも同時に出るようでしたら、完全に脂質の多い食生活になってしまっています。顔だけではなく、頭にもできることがあります。

 

脂性のフケは、温かな頭皮の上でたくさんの細菌を繁殖させて、カビも作ってしまいます。要するに、食べ物ばかりではなく、様々な菌やカビも新しく作ることにより、ますますフケが増えることになります。

 

そうなると、フケだけではなく、脱毛の原因になることもあり、頭皮環境はますます悪化してしまいます。

 

フケが毛穴につまってしまうということも、どちらかと言うと脂性のものですが、乾いたフケに関しても、毛穴のつまりを起こしてしまうとされています。

 

ビタミンを中心として食べ物に切り替えることで、フケは少なくなるとされています。

フケ症になりやすい食べ物とは関連ページ

食生活の乱れで
たんばく質も魚や大豆製品を摂取することで、乾燥のフケにもきちんとした栄養を摂り入れ、改善することができます。
乾性フケの原因
カサカサ肌になる原因で多いのが、化粧水等の水分不足と保湿です。
脂性フケの原因
乾性フケの場合もありますが、それに頭皮の毛穴から出る皮脂が混じるために、脂性フケと出てきます。
アルコールの飲み過ぎ
禁酒はダメというのではなく、あくまでも飲み過ぎないことが大切です。
紫外線は気をつけよう
特にカサカサの乾燥フケの場合、紫外線で頭皮が乾燥して、フケが出ることも多いです。
睡眠不足との関係
睡眠は、体を休めるだけではなく、新陳代謝の働きをする時間です。
パーマやカラーリングが原因で
パーマは特にパーマ液が、強い刺激がありますから、それ以上フケ症がひどくなる可能性があります。
帽子やヘルメットにも注意
フケが多くなってきた時には、通気性の良いものに変更する、なるべくかぶらない事を心がけることも大切です。
アルコールの飲み過ぎ

 
フケの原因 フケの予防 フケ症の対策 頭皮かゆみの原因 赤ちゃんのフケ