フケ症とパーマやカラーリング

フケ症とパーマやカラーリング

スポンサードリンク

フケ症の方のヘアーアレンジですが、パーマなどは相談をしてから行なうようにしてみてください。

 

この頃フケ症になってという理由が、シャンプーなどの場合は、原因がわかりシャンプー剤を変えることで回復できます。

 

しかし、体内のホルモンの変化、脂性のフケで炎症や湿疹等がある場合、頭皮に刺激を与えないほうが良いです。

 

もっとも、馴染みの美容室などでは、パーマの提案もしないのが良心的です。

 

同じようにカラーリングも行なうのは避けたほうが良いでしょう。

 

乾燥のカサカサのフケであっても、頭皮に何らかの異常がある場合も同じです。

 

パーマは特にパーマ液が、強い刺激がありますから、それ以上フケ症がひどくなる可能性があります。

 

毎日シャンプーをしてきれいにしたり、ケアは大切ですが、パーマやヘアカラー剤などを使用しないほうが良いでしょう。

 

美容院に行かないのではなく、メニューを考えることです。

 

ただし、美容院のシャンプーなども刺激が多かったり、体調に合わないこともあります。

 

その辺りは必ず相談をしてみましょう。

 

医師になどによって原因がわかっている場合、美容院の是非を伺うことで確認してみるのも良いかもしれません。

 

そうではない場合は、様子見をするのも一つの手です。

フケ症とパーマやカラーリング関連ページ

食生活の乱れで
たんばく質も魚や大豆製品を摂取することで、乾燥のフケにもきちんとした栄養を摂り入れ、改善することができます。
乾性フケの原因
カサカサ肌になる原因で多いのが、化粧水等の水分不足と保湿です。
脂性フケの原因
乾性フケの場合もありますが、それに頭皮の毛穴から出る皮脂が混じるために、脂性フケと出てきます。
アルコールの飲み過ぎ
禁酒はダメというのではなく、あくまでも飲み過ぎないことが大切です。
紫外線は気をつけよう
特にカサカサの乾燥フケの場合、紫外線で頭皮が乾燥して、フケが出ることも多いです。
睡眠不足との関係
睡眠は、体を休めるだけではなく、新陳代謝の働きをする時間です。
なりやすい食べ物
乾性のフケは、ビタミンB2が不足していて、脂性のフケは揚げ物や脂肪分の多い食べ物が影響します。
帽子やヘルメットにも注意
フケが多くなってきた時には、通気性の良いものに変更する、なるべくかぶらない事を心がけることも大切です。
アルコールの飲み過ぎ

 
フケの原因 フケの予防 フケ症の対策 頭皮かゆみの原因 赤ちゃんのフケ