フケ症とアルコールの関係

フケ症とアルコールの関係

スポンサードリンク

フケ症の方の飲酒ですが、少しなら良いとされています。

 

ただし、飲み過ぎは厳禁です。
アルコールはタバコとは違い、少しの量は体に良いとされています。

 

少しというアバウトな表現ですが、コップ1杯とか、おちょこの清酒などです。

 

一般的な量になってしまいますが、もちろん個人差が大きいものです。

 

その方が、体の負担なくアルコール分解ができる量なら、フケ症もひどくなることはありません。

 

アルコールは、体内においては毒ですから、飲んだらすぐに分解を始めます。

 

その時に大量の血液や水分が使用されることになりますが、その間、体に必要な血液や水分もアルコールのために使用されることになります。

 

このことが、フケ症に必要な栄養がこなくなり、必然的に自ら新陳代謝を活発にします。

 

アルコールによって体温が上がって、ということもありますが、アルコールを飲むと汗や油が異様に出ることがあります。

 

余計な新陳代謝がフケ症をひどくするとされています。
ですから、アルコールの飲み過ぎは厳禁です。

 

そんな話を聞いて、飲みたいのに無理に禁酒をすると、今度は飲みたいストレスでフケ症になってしまいます。

 

ストレスを感じずに禁酒ができるのがベストですが、困難な時は少しずつ量を減らしていくことをお勧めします。

 

そして適量なアルコールでフケの改善をしましょう。

フケ症とアルコールの飲み過ぎ関連ページ

食生活の乱れで
たんばく質も魚や大豆製品を摂取することで、乾燥のフケにもきちんとした栄養を摂り入れ、改善することができます。
乾性フケの原因
カサカサ肌になる原因で多いのが、化粧水等の水分不足と保湿です。
脂性フケの原因
乾性フケの場合もありますが、それに頭皮の毛穴から出る皮脂が混じるために、脂性フケと出てきます。
アルコールの飲み過ぎ
禁酒はダメというのではなく、あくまでも飲み過ぎないことが大切です。
紫外線は気をつけよう
特にカサカサの乾燥フケの場合、紫外線で頭皮が乾燥して、フケが出ることも多いです。
睡眠不足との関係
睡眠は、体を休めるだけではなく、新陳代謝の働きをする時間です。
なりやすい食べ物
乾性のフケは、ビタミンB2が不足していて、脂性のフケは揚げ物や脂肪分の多い食べ物が影響します。
パーマやカラーリングが原因で
パーマは特にパーマ液が、強い刺激がありますから、それ以上フケ症がひどくなる可能性があります。
帽子やヘルメットにも注意
フケが多くなってきた時には、通気性の良いものに変更する、なるべくかぶらない事を心がけることも大切です。
生活習慣の乱れで
健康な頭皮はこの時に作られていますが、睡眠時間が短いことで、不健康な頭皮になってしまっていることが多いです。
乾燥フケの原因
乾燥フケは乾燥したものばかりを食べるのではなく、偏った食べ物を食べることで血液に栄養が行かず、栄養不足になりその結果頭皮環境が悪くなります。

 
フケの原因 フケの予防 フケ症の対策 頭皮かゆみの原因 赤ちゃんのフケ