乾燥フケの原因と対策

乾燥フケの原因

スポンサードリンク

乾燥フケになってしまう、毎日洗っているのに、そんな方も多いことでしょう。
実はいろいろな原因があります。

 

・皮脂の摂り過ぎ
洗い過ぎですが、刺激の強いシャンプーを使っているとフケはでやすいです。
低刺激のシャンプーやヘアケア製品に変えた上、シャンプーは1日2回が限界です。

 

 

・カビ
頭皮環境が悪い。
これも水分と油分のバランスが悪いことで、カビの原因菌が増殖している状態です。
脂性フケの原因にもなります。
そして、洗い過ぎもダメですが、不潔にしていてもカビが生えます。

 

 

・体内が原因
ストレスと運動不足。
これは新陳代謝が低下していることで、逃避に栄養が運ばれていないことが原因です。
元気な毛髪だけではなく、頭皮環境が悪くカサカサフケが増えます。

 

 

・食生活
乾燥フケは乾燥したものばかりを食べるのではなく、偏った食べ物を食べることで血液に栄養が行かず、栄養不足になりその結果頭皮環境が悪くなります。
必ずバランスの取れた食事を心がけましょう。

 

 

・パーマやカラーリング
刺激の大きい事は髪にも良くないのですが、それ以上に頭皮に影響を与えています。
フケが多いときには、使わないこと、刺激の少ないものを使うことが大切です。
また、季節の変わり目なども一時的な環境変化で乾燥フケがでやすいです。

乾燥フケの原因関連ページ

食生活の乱れで
たんばく質も魚や大豆製品を摂取することで、乾燥のフケにもきちんとした栄養を摂り入れ、改善することができます。
乾性フケの原因
カサカサ肌になる原因で多いのが、化粧水等の水分不足と保湿です。
脂性フケの原因
乾性フケの場合もありますが、それに頭皮の毛穴から出る皮脂が混じるために、脂性フケと出てきます。
アルコールの飲み過ぎ
禁酒はダメというのではなく、あくまでも飲み過ぎないことが大切です。
紫外線は気をつけよう
特にカサカサの乾燥フケの場合、紫外線で頭皮が乾燥して、フケが出ることも多いです。
睡眠不足との関係
睡眠は、体を休めるだけではなく、新陳代謝の働きをする時間です。
なりやすい食べ物
乾性のフケは、ビタミンB2が不足していて、脂性のフケは揚げ物や脂肪分の多い食べ物が影響します。
パーマやカラーリングが原因で
パーマは特にパーマ液が、強い刺激がありますから、それ以上フケ症がひどくなる可能性があります。
帽子やヘルメットにも注意
フケが多くなってきた時には、通気性の良いものに変更する、なるべくかぶらない事を心がけることも大切です。
アルコールの飲み過ぎ
生活習慣の乱れで
健康な頭皮はこの時に作られていますが、睡眠時間が短いことで、不健康な頭皮になってしまっていることが多いです。

 
フケの原因 フケの予防 フケ症の対策 頭皮かゆみの原因 赤ちゃんのフケ