乾性フケの原因

乾性フケの原因

スポンサードリンク

乾性フケの原因は、乾燥です。
乾燥をしているから、乾いたフケが出ます。

 

反対に考えてみると、乾性フケ、頭皮が乾いている、水分が足りないということになります。

 

この場合の水分は汗ではありません。
頭皮内部にかならず存在する水分になります。

 

頭皮と言っても、肌と同じですから、スキンケアをするとお考えください。

 

カサカサ肌になる原因で多いのが、化粧水等の水分不足と保湿です。

 

そして、洗顔の段階で水分と油分の不足が指摘されます。

 

頭皮も同じことで、化粧水などは付けませんから、ずばりシャンプーです。

 

シャンプーのし過ぎで、大切な水分と油分が失われて、頭皮が乾燥して、乾性フケが出ます。

 

水分がなくなった頭皮(肌)は、ストレスや外部の菌に侵されやすく弱くなっています。

 

肌の場合は、そのままニキビなどができたり、粉を吹いたようになりますが、頭皮の場合は、新陳代謝を活発化してしまうことで、どんどんと古い角質を排出しようとします。

 

それがそのままフケになるのですが、乾燥しているところでは乾性フケになります。

 

シャンプーだけではなく、ストレスや栄養不足(急激なダイエット)なども、頭皮に対して強いストレスを与えて、乾性フケが出てしまうとされています。

乾性フケの洗い方

乾性フケが出る原因はシャンプーであることが多いです。

 

特にフケが多いから、念入りに洗ってしまう、多くつけることが、かえって乾性フケを増やしていることが多いとされています。

 

乾性フケは、頭皮が乾燥しているとされています。
これは、水分や油分が不足していることを意味しています。

 

ですから、シャンプーをすることで、特に油分は過剰に落としてしまっている可能性があります。

 

乾性フケの方の髪の洗い方として、気を付けたいことは、
・1日のシャンプーは1回のみ
・爪で洗わない、指の腹を使って、絶対に強くこすらない
・シャンプーの原液は、泡立ててから使う
・すすぎは十分に行なう

 

などです。

 

乾性フケ用のシャンプーを使用しなくても、上記の事を守っていれば、防止することができます。

 

特に、シャンプーですが、泡立てて使用する時に、少し水分を入れて薄めるのも一つの手です。

 

頭皮に刺激を与えなという意味で、汚れだけを落とす事を考えれば、そんなにシャンプーは要らないということになります。

 

シャンプーにこだわるのなら、無添加で刺激(スーッとするとか、科学的なものを使用している)ものを避けるだけでも、乾性フケを防止することができます。
最近流行りのアミノ酸シャンプーも低刺激です。

乾性フケの原因関連ページ

食生活の乱れで
たんばく質も魚や大豆製品を摂取することで、乾燥のフケにもきちんとした栄養を摂り入れ、改善することができます。
脂性フケの原因
乾性フケの場合もありますが、それに頭皮の毛穴から出る皮脂が混じるために、脂性フケと出てきます。
アルコールの飲み過ぎ
禁酒はダメというのではなく、あくまでも飲み過ぎないことが大切です。
紫外線は気をつけよう
特にカサカサの乾燥フケの場合、紫外線で頭皮が乾燥して、フケが出ることも多いです。
睡眠不足との関係
睡眠は、体を休めるだけではなく、新陳代謝の働きをする時間です。
なりやすい食べ物
乾性のフケは、ビタミンB2が不足していて、脂性のフケは揚げ物や脂肪分の多い食べ物が影響します。
パーマやカラーリングが原因で
パーマは特にパーマ液が、強い刺激がありますから、それ以上フケ症がひどくなる可能性があります。
帽子やヘルメットにも注意
フケが多くなってきた時には、通気性の良いものに変更する、なるべくかぶらない事を心がけることも大切です。
アルコールの飲み過ぎ
生活習慣の乱れで
健康な頭皮はこの時に作られていますが、睡眠時間が短いことで、不健康な頭皮になってしまっていることが多いです。
乾燥フケの原因
乾燥フケは乾燥したものばかりを食べるのではなく、偏った食べ物を食べることで血液に栄養が行かず、栄養不足になりその結果頭皮環境が悪くなります。

 
フケの原因 フケの予防 フケ症の対策 頭皮かゆみの原因 赤ちゃんのフケ