フケ症によるシャンプー方法

フケ症によるシャンプーの仕方

スポンサードリンク

フケ症の方のシャンプーの仕方は、優しくマッサージとすすぎを重点的に行なうことです。

 

ゴシゴシ頭を洗うことは、フケもなくなるような気がしますし、スカッとします。

 

ところが、フケ症の方の頭皮は、今まさに角質が剥がれ落ちている状態です。

 

そんな時、シャンプーで強くこすったのでは、ますますフケは多くなるばかりです。

 

ですから、マッサージといっても優しく、絶対に爪は立てないことです。
ポイントは指の腹ですが、これも強くは厳禁です。

 

美容院でシャンプーをしてもらう時の感じです。

 

シャンプーに関しては、これを使うというものがあれば良いのですが、特別なものを用意することはありません。

 

今のシャンプーで量は少なめ、でも泡はしっかりと立てることです。

 

すすぎはしつこいくらいがよく、その後はきちんと乾かしてください。
フケ症だからといって、特別なことはありません。

 

最高で1日1回のシャンプーが原則で、洗い過ぎないことと、シャンプーの量は増やさない、ドライヤーでしっかりと乾かすことが大切です。

 

シャンプーの相性もあります。
市販のものでも良いですが、ネットショップなどでは、自然派のシャンプーもあります。

 

効果もありそうな物も存在します。

 

手にとって確認することはできませんが、トライアルなどで良いシャンプーを見つけてください。

シャンプーしてもフケがでるのはなぜ?

シャンプーの役目は毛髪と頭皮の汚れを取るためです。

 

外からのものだけではなく、古い角質や脂質などがありますが、現在はシャンプーを使用して洗い流すのが一般的です。

 

シャンプーの種類は様々で、店頭に並んでいる数も豊富ですが、現在はネット通販でも販売しているものも多くあります。

 

原材料の中で、添加物あり、無添加ありと色々ですが、これを使ったらフケが出てしまうものもあります。

 

これだけ種類が多いシャンプーですから、単に頭皮との相性が悪いことで、汚れは落ちますが、フケが大量に出てしまう事になります。

 

同時に、頭皮を傷めることになりますから、自分に合うシャンプーとの出会いが大切です。

 

あまりにも多くあり過ぎて、どう選択してよいかわからないのですが、選択のコツとしては、無添加のもので、低刺激のものが良いでしょう。

 

そして、洗い方も乱暴にすることなく、優しく洗う事がポイントです。

 

シャンプーによって、フケの出方が変わるといっても過言ではありません。
また、基本として、すすぎの時間を長くしてみる、これもフケ予防の一つとされています。

 

フケは汚れではなく、頭皮が異常事態になっているということですから、その他の汚れはきちんと落ちています。

フケ症によるシャンプーの仕方関連ページ

シャンプーの選び方
シャンプーはもともと汚れを落とすことと、血行を良くするものですから、余計な刺激は不要です。
ドライヤーの使用方法
シャンプーのあとのドライヤーを使用する前に、タオルである程度の水分はとってしまいましょう。
チェック方法
脂肪分か多い食事を食べる機会が多ければ、フケは出やすいといえます。

 
フケの原因 フケの予防 フケ症の対策 頭皮かゆみの原因 赤ちゃんのフケ