フケ症の日常のチェック

フケ症チェック方法

スポンサードリンク

自分のフケをチェックするのはとても困難です。

 

実際に肩にフケを見つける意外、方法はないのですが、自分はフケが出る可能性があるというチェック方法はあります。

 

毎日の生活の中で、シャンプーが2日に一度以下の場合、顔がすぐにテカる、頭がすぐに痒くなる、頭皮が赤くなりやすいなどの項目がある場合、脂性のフケが出やすいでしょう。

 

それに脂肪分か多い食事を食べる機会が多ければ、フケは出やすいといえます。

 

顔がテカるくらい脂性の肌の場合と、頭皮も脂っぽくなりやすいです。

 

2日に1度はシャンプーをして、余計な脂と汚れはキレイにすることで、フケをある程度避けることはできます。

 

皮脂は、菌が繁殖することで、フケが多くなります。
その脂を取り除くことは大切です。

 

頭が痒くなるのも大切なチェック項目です。

 

痒い時には、菌が繁殖していることが多く、皮膚も炎症を起こしている可能性があります。

 

その時、体は新陳代謝を活発にしますから、古い角質をたくさん排出し、フケとなります。

 

こうしてことで、最低2日の一度のシャンプー、脂肪分をあまり摂らないなどの対処をすることで、フケにならないようにすることが大切です。

 

肩に積もるフケで初めてチェックではなく、自身の日常生活を振り返ってみてください。

フケ症チェック方法関連ページ

シャンプーの仕方
自分の肌状態をみてみることも必要で、乾燥肌、普通肌、脂性肌のどれになるかを考えてみてください。
シャンプーの選び方
シャンプーはもともと汚れを落とすことと、血行を良くするものですから、余計な刺激は不要です。
ドライヤーの使用方法
シャンプーのあとのドライヤーを使用する前に、タオルである程度の水分はとってしまいましょう。

 
フケの原因 フケの予防 フケ症の対策 頭皮かゆみの原因 赤ちゃんのフケ