フケを事前に予防するには

フケの予防について

スポンサードリンク

フケは、多少は絶対に出るとされています。

 

新陳代謝の排出物がフケになり、それだけ体の細胞が新しくなっているからです。

 

普段は目立たないことで支障もないことですから、フケ自体ゼロは不可能です。

 

しかし、表立ってわかるフケに関しては、異常事態とみてよいでしょう。
そのフケの予防としては、どんなフケなのかでも変わってきます。

 

基本的なこととしては、規則正しい生活と食事のバランスです。

 

乾燥のフケの場合は、頭皮の水分不足や栄養不足が考えられます。

 

シャンプーのし過ぎと合っていないこと、ダイエット等が原因で脂性のフケの場合は、脂質の多い食事や生活習慣の乱れとやはりシャンプーの問題等があります。

 

極端なことですが、ある時頭が痒くて、それが癖になって、かきすぎて頭皮に傷を付けてしまい、フケが出る方もいます。

 

頭皮の傷で皮がボロボロ落ちるのではなく、その傷の修復のために新陳代謝が盛んになって、何もしていなくとも、フケが出ることになります。

 

このように、何かしらの頭皮環境の悪化でストレスがかかることが、フケの原因になります。

 

ですから、フケの予防には、頭にストレスをかけない生活と生活習慣を改善することが大切です。

 

乾燥、脂性のフケの原因が少し違いますから、予防も変わってきます。

フケの種類について

フケには種類があります。
乾燥タイプと脂性タイプです。

 

パラパラかベタベタのフケに分けることができます。

 

これは、フケそのものが種類別ではなく、頭皮の状態を指す事が多いです。

 

要するに、自分の頭皮の状態が、乾燥タイプなのか、脂性タイプなのかということです。

 

体内の老廃物、主に頭皮の古い角質等がフケで、その時にはカサカサもベタベタもしていないはずです。

 

しかし、自信の体質によって、種類が出てきてしまうと考えられています。
乾いたフケの場合、頭皮そのものが乾燥肌になっています。

 

これは、シャンプーのし過ぎ、刺激の強いシャンプーを使っていることがフケの原因になっています。

 

肌などももともと乾燥肌という方は、このタイプが多いです。

 

脂性タイプと比較をして、外部酸からの影響が多いですから、ヘアケアを少し変えただけでも、軽症の場合は改善するのも早いです。

 

脂性タイプは、頭皮に皮脂が多いことが考えられます。
肌もオイリーで、すぐにニキビできるなど、体も脂性のタイプの方に多いです。

 

改善には、少し時間がかかります。
皮脂の中には数多く細菌があり、その増殖などでもフケが多くなります。

 

べたついたフケがとても多い時には、皮膚科に行って、脂性フケでそこで何が原因になってするかを詳しく検査をする必要があります。

スポンサードリンク

フケを止める|フケの予防記事一覧

大量のフケについて

突然の大量のフケが出た場合、その種類によって原因が変わります。乾燥したフケの場合、頭皮の水分や皮脂不足、体調不良、ストレスが原因です。要するに、頭皮が乾いた状態を作ってしまうことで、カサカサの乾いたフケが大量に出てしまうようです。乾燥した頭皮は、免疫力が落ちます。あまり良いとはいえない環境の上に、汗...

≫続きを読む

 

大きいフケについて

フケは通常、粉程度の大きさですが、大きなフケが出る方もいらっしゃいます。何かの皮のような、大きなフケで出た場合、病院に行こうか迷うところです。たいてい、大きな皮のようなフケは、洗いすぎだとされています。超乾燥した頭皮であるとされています。もし、一日1回以上の洗髪をしていたり、洗浄力の強いシャンプーを...

≫続きを読む

 

フケ症とタバコ

フケ症になる方の中で、愛煙家の方もいらっしゃいます。タバコは健康に良くないものとされていますが、頭皮環境にも悪影響があります。なぜタバコは悪者にされるか?というと、含まれている成分に原因があります。ニコチンと一酸化炭素がフケを出すと言っても良いでしょう。タバコを吸うと、この2つの成分が血液内に入りま...

≫続きを読む

 

フケ症と朝シャン

フケ症の方の朝シャンはお勧めできません。できれば、夜にきちんと洗って、ドライヤーで乾かして寝ることをお勧めします。それには理由があります。フケ症の方は、原則的に一日1回のシャンプーが良いとされています。2回は洗い過ぎです。朝ではなく夜に良いというのは、一日活動をして、頭も体もキレイとはいえない状態で...

≫続きを読む

 

乾燥フケの予防

フケには、乾燥した乾燥フケと脂っぽいものがあります。このうち、乾燥フケは、頭皮の乾燥が原因で起こるものです。不潔の象徴されるフケは、洗髪をきちんと行い、常に清潔していたとしても、その結果頭皮が乾燥してしまうことで、フケがでてしまい、乾燥フケに悩むことになります。ですから、その予防は乾燥させない洗髪を...

≫続きを読む

 

脂性フケの予防

脂性フケは、常に頭皮がベタついているのが特徴です。これは、頭皮の老廃物などが毛穴につまっている証拠です。そして、単に老廃物があるだけではなく、人間の体に常にある菌が付着し、ますますベタつきを増すことになります。人間の毛穴からは潤いを出すために脂質を分泌していますが、脂性フケになってしまうのは、その分...

≫続きを読む

 

 
フケの原因 フケの予防 フケ症の対策 頭皮かゆみの原因 赤ちゃんのフケ