大きいフケの原因と対策

なぜ大きいフケがでる?

スポンサードリンク

フケは通常、粉程度の大きさですが、大きなフケが出る方もいらっしゃいます。

 

何かの皮のような、大きなフケで出た場合、病院に行こうか迷うところです。

 

たいてい、大きな皮のようなフケは、洗いすぎだとされています。
超乾燥した頭皮であるとされています。

 

もし、一日1回以上の洗髪をしていたり、洗浄力の強いシャンプーを使っていたり、普段乾燥している環境に居続けるといった方の場合、大きなフケが出るとされています。

 

洗髪回数が多いというのは、保湿する前に大切な水分と脂分をとってしまう事になり、頭皮は砂漠状態になります。

 

当然乾いてしまったところに新陳代謝が起こり、フケが起きます。

 

この時、普通の粉のようなものではなく、乾燥していますから、そのまま剥がれ落ちたと言った表現がよいでしょう。

 

皮がむけた状態になってしまうとされています。
シャンプーとリンスを変える、保湿成分のあるモノにする、トリートメントをするなど、頭皮に水分を与え、保湿をすることで、解決します。

 

シャンプーは1日1回に止め、低刺激のシャンプーやリンスを使用するのが良いとされています。

 

それで解決しない時には、皮膚科に行くことをお勧めします。

 

大きなフケというのは、人前に出ることもはばかるもので、とても目立ってしまいます。

大きいフケの予防

フケの中でも大きなフケ、例えば皮のようなものが出ることもあります。

 

これは、頭皮が乾燥していることが考えられます。

 

その原因として、合わないシャンプーやヘアケア製品です。

 

この場合、そのヘアケア製品が、頭皮に強い刺激を与えることで、頭皮に皮膚炎などを起こしています。

 

炎症を起こしていることで、新陳代謝が活発になりますが、そのときに皮膚が剥がれ落ちるほどの大きなフケが出ると考えられます。

 

同時に、頭皮も激しく乾燥していることでしょう。

 

そのことで、痒みなどを感じ、頭皮をかく癖も付いていると、余計に悪循環になってしまいます。

 

要するに、2ミリ以上の大きなフケの場合、頭皮が異常な状態になっているといえます。

 

ですから、シャンプーなどを変えてみてください。
それによって改善されることが多いです。

 

もし、シャンプーを変えても改善されない時には、体調不良も考慮してみてください。

 

そういえばと思い当たるフシがないか、確認してみてください。

 

長期間大きなフケが出続けるのは絶対におかしいことですから、必ず皮膚科に行き、正しい診断をしてもらってください。

 

また、アトピー性皮膚炎の疑いがある場合もあり、体調とともに、そのことも考えておくことが必要です。

大きいフケの対策

フケの発生の原因は、シャンプーなどです。

 

思っても見ないたくさん出てしまうことは多いですが、時には大きなフケが出ることもあります。

 

皮が剥けた?と思うほどですが、傷がついているわけではなく、もちろん痛みもありません。

 

大きなフケの原因として、第一に考えられるのが、シャンプーのすすぎ残しです。

 

これは洗浄成分が残ってしまうことで、その成分の中には脂肪分が入っています。

 

それが、頭皮に付着していることで頭皮の皮脂がなくなっていきます。

 

同時に水分もなくなっていって、頭皮が砂漠状態になってしまいます。

 

頭皮が大きな乾燥に見舞われることによって、皮が剥けた状態になって、それが大きなフケとして出てしまいます。

 

頭皮の乾燥、それを補おうとして、頭皮の下から水分がにじみ出ます。

 

普通のフケとしてパラパラとなるところですが、それが水分が補うことで、フケが固まり、様々な大きさになってしまうというものです。

 

頭皮に傷が付く事になりますが、ゴシゴシと激しくこすり続けることでも大きなフケの原因になります。

 

また、アトピー性皮膚炎の方は、フケが大きくなってしまうことが多いです。

 

ということで、フケに関しては、シャンプーの内容やその方法に関係が深いと考えられます。

大きいフケについて関連ページ

大量のフケについて
脂性のフケは、食生活の中で脂分の多い食事、徹夜続きの睡眠不足などで、大量発生してしまいます。
禁煙しよう
タバコは健康に良くないものとされていますが、頭皮環境にも悪影響があります。
朝シャンは禁物
夜にきちんと洗って、ドライヤーで乾かして寝ることをお勧めします。
乾燥フケの予防
脂性フケの予防

 
フケの原因 フケの予防 フケ症の対策 頭皮かゆみの原因 赤ちゃんのフケ