フケ症と喫煙

フケ症とタバコ

スポンサードリンク

フケ症になる方の中で、愛煙家の方もいらっしゃいます。

 

タバコは健康に良くないものとされていますが、頭皮環境にも悪影響があります。

 

なぜタバコは悪者にされるか?というと、含まれている成分に原因があります。

 

ニコチンと一酸化炭素がフケを出すと言っても良いでしょう。

 

タバコを吸うと、この2つの成分が血液内に入ります。

 

その時、血管を一時的に収縮させる働きがあります。

 

そのことで、血液の流れが悪くなってしまうのと、血液の質を低下させます。

 

たったそれだけはてなということですが、ニコチンが体内にあることで、悪影響が続き栄養不足になってフケが出やすくなります。

 

栄養が少なくなることで、悪い意味での新陳代謝を行い、本来出ないはずのフケが出てしまう事になります。

 

ですから、タバコを吸う方でフケ症で気になる方は、禁煙をすることで、フケ症がなくなってしまうという驚きの効果があります。

 

もちろん体にとってもタバコは良いものではありませんから、できれば吸わないに越したことはありません。

 

タバコを吸わなければストレスがたまるという方、これはまた別問題になりますが、体にとっては、タバコの方がはるかに害があるとされています。

 

お酒よりもたちが悪いものです。

 

禁煙をしてフケの予防をしましょう。

フケ症とタバコ関連ページ

大量のフケについて
脂性のフケは、食生活の中で脂分の多い食事、徹夜続きの睡眠不足などで、大量発生してしまいます。
大きいフケについて
大きなフケというのは、人前に出ることもはばかるもので、とても目立ってしまいます。
朝シャンは禁物
夜にきちんと洗って、ドライヤーで乾かして寝ることをお勧めします。
乾燥フケの予防
素肌と同じく、頭皮も肌の一部ですから、刺激を与えず優しく接することで、乾燥フケは予防することができます。
脂性フケの予防
脂性フケの場合、原因が一つではないことが多いですから、予防を心がけるのなら、原因とされるものを一つ一つ解決していくことが大切です。

 
フケの原因 フケの予防 フケ症の対策 頭皮かゆみの原因 赤ちゃんのフケ